セールスAppKATAをカスタマイズ

>

入力フォームをカスタマイズ

出力レポートをカスタマイズ

1.依頼

オーダー開発を依頼

カスタマイズをご希望の場合は、下記フォームに入力して送信ください。

2.概算見積り

メールでPDFファイルを受け取り

概算見積りをメールでお送り致します。

ここまでは、比較段階でお気軽にお問合せ下さい。

3.日程調整

スケジュールを調整

ここからは、具体的な仕様を決定していきます。

概算見積りの内容で社内承認がおりましたら、オンライン打合せの日程をメールで決めます。

4.打合せ

オンラインで打合せ

画面を共有し、システム画面を見ながら仕様を確認していきます。

必要であれば、資料やファイルのやり取りを行います。

5.正式見積り

正式なお見積書を受け取り

打合せで確認した仕様をもとに正式なお見積書をメールでお送り致します。

システム構成が複雑な場合、2,3枚のシステム構成図やシステム概要書を合わせてご送付致します。

6.お支払い

開発着手金をお支払い

ここまでの打合せには費用は発生致しません。

お見積金額の一部を着手金としてお支払頂きます。

残金のお支払いは納品後となります

7.開発着手

ご入金確認後、開発着手

開発着手後は、システム仕上がりの経過を確認しながら、修正と改善を繰り返していきます。

ソフトウェアの性質上、納品後も修正と改善が発生する場合もあります。

カスタマイズを依頼

セールスAppKATAはできるだけユーザー側でカスタマイズを行える設計ですが、カスタマイズを依頼することもできます。

プロに依頼することにより、最適なシステム構成を設計し、素早い開発を行えます。

開発着手までの流れ
  1. 依頼
  2. 概算見積り
  3. 日程調整
  4. オンライン打合せ
  5. 正式見積り
  6. お支払い
  7. 開発着手
システム開発費の目安
  • 初期設定費 200,000円(税抜)~
  • 月額利用料 10,000円(税抜)~

※A.入力フォーム数、B.出力レポート数、C.PC台数、D.データ共有(LAN/クラウド)、E.追加機能、などの仕様により、カスタマイズ料金が変わります。詳細は、オンライン打合せによる仕様を確認後、正式なお見積りを致します。

お見積書の例


※上記は、【入力フォーム】x1 / 【出力レポート】x1 のフォーマットをカスタマイズし、PC3台で運用する場合の概算見積り金額です。

ご依頼フォーム

任意会社名

必須お名前

必須メールアドレス

必須電話番号

任意入力フォーム数

必須印刷レポート数

必須運用 PC 台数

必須ネットワーク

任意メッセージ本文

添付ファイル(10MB|xlsx,pdf,gif,jpg,png)任意

ロボットではありませんか?

ストーリー

KATAをカスタマイズし、各社専用システムを開発します。

業務システムは、各社によって様々です。

パッケージのシステムを利用しようとしても、自社の業務には合わない場合がありませんか?

日本アプリケーション開発では、各業種に合わせた業務システムを開発します。

KATAをもとに開発するので、開発コストを抑えることができます。

また、開発手法はアジャイル開発手法をとります。

従来のウォーターフォール開発ではなく、アジャイル開発により、納入が早く、業務の変化に柔軟に対応したシステムが完成します。

※アジャイル開発・・・納入とバージョンアップを短期的に繰り返す手法。細かい仕様変更に柔軟に対応できるメリットがある。

※ウォーターフォール開発・・・システムの仕様を決めた後、開発に入る手法。開発に入る前の打ち合わせが長引く、開発途中の細かい仕様変更に対応しにくい、納入までに時間がかかる、などのデメリットがある。

業務で作業時間がかかっており、システム化することでもっと楽に作業をこなせるのではないかとお考えの方、ぜひ日本アプリケーション開発へご相談ください。

お問い合わせいただきましたら、すぐにオンライン打ち合わせのスケジュールを調整いたします。

オンライン打ち合わせにより、問題点を確認し、業務改善案・業務システムのお見積りをいたします。(オンライン打ち合わせとお見積りは、無料です。)

概算見積りまでは、メールで受け取るだけですのでお気軽にお進みください。(ステップ2まではメールを受け取り、返信する必要はございません。)

正式なご依頼の場合にオンライン打ち合わせのスケジュールを調整する流れとなります。

オンライン打ち合わせにより、業務改善の問題点とシステムの仕様を確認し、業務改善案・業務システムのお見積りをいたします。(オンライン打ち合わせとお見積りは、無料です。)

お見積り内容をご確認後、業務システムの導入をご検討下さい。