エクセルカードHARI

>

エクセルカードHARIとは

Excelで開発されたデータ管理ソフトです。

汎用的であるため、様々な業種のユーザーに活用されています。

項目を自由に設定でき、印刷レポートのフォーマットを自由にカスタマイズできます。

Excelライクな操作にとどまらず、操作はExcelそのものです。

Excelであれば、使い慣れたユーザーが多く、新たに操作を学習する必要もなく、困ったときのヘルプ情報量も多いので、応用範囲が広がります。

また、これからExcelを使おうと考えている方やExcelに詳しくない方でも、ボタン操作でデータ管理できます。

はじめに、社内のExcelに詳しい管理者が設定を終えた後、複数のユーザーで利用するのがおすすめです。

このソフトは、Excelでデータを整理しているユーザーが多いという事実をもとに、数人で扱うデータであればExcelでも十分事足りるシーンがあるのではという考えをもとに開発されました。

「データ管理を行うにはExcelは適していない。」「データベースソフトを使うべきだ。」というようなご意見も出てくるかと思いますが、まずは「Excelでデータ管理してみたい。」「この程度のデータ管理であれば、Excelでできるはずだ。」というような考えをお持ちのユーザー向けのツールです。

どれくらいのデータ量に適している?

最大100項目のデータを管理します。

データ件数は10000件以内が適しています。(フリー版は、最大100件の制限あり)

ライセンス版では、[データ切り換え]機能により、10000件以上のデータも扱えます。

 

※実際のExcelの最大レコード数は10000件をはるかに上回りますが、エクセルカードHARIでは、実務レベルで動作が遅くならないように、ライセンス版でも10000件の制限付きの仕様となります。

 

メインメニュー

Excelでデータ管理

ScreenClip

編集画面

入力しやすい、入力フォーム

ScreenClip

項目数100の場合の編集画面

管理項目は最大100項目で、自由に変更可能

ScreenClip

ラベル印刷イメージ

1枚に複数件のデータを挿入するラベル処理

ScreenClip

全ての項目の中から、必要な項目を選択している画面

必要な項目だけを一覧表に印刷

ScreenClip

必要な項目を選択後の一覧表

印刷プレビュー

ScreenClip

エクセルカードHARIとカードボックスBARIの選定

Excel・Accessのどちらを使えばよいのかお悩みの方は、下記のメリットデメリットを考慮しご利用をご検討ください。 Excel操作にあまり慣れていない場合は、カードボックスBARIをおすすめいたします。

エクセルカードHARI

ポイント

表計算ソフトでありデータ管理専門ソフトではないため、データ管理においては不便な点もありますが、それをカーバーするほどの豊富な機能があり、使い方に関する情報が豊富にあります。

シンプルなデータ管理であればこれで十分。

カードボックスBARI

ポイント

データ管理専門ソフトですので、データ管理に適しています。

環境

Excelさえあればすぐに使えます。

OS:Windows 7/8/10
Office:Excel 2010/2013/2016/2019(以降順次対応)

環境

Access製品版があることがおすすめです。ただし、AccessRuntime版でも動作します。(※注意 32ビット 64ビットを考慮)

セットアップについてご不明な場合は、サイトのメニューより サポート>インターネット保存をご準備の上ご連絡ください。

OS:Windows 7/8/10
Office:Access 2007/2010/2013/2016/2019(以降順次対応)

機能

Excelに慣れている場合は、Excelの機能を全て使えるというメリットがあります。

機能

データの編集・削除をシステム画面上のボタン操作で行えるため、PC操作が苦手な方でも操作方法を覚えるだけでデータ管理できます。

 

Accessに慣れている場合は、デザインモードでクエリやマクロの作成を行えます。

帳票などの作成は、Accessのレポートでも行えますが、レイアウトに関してはExcelの方がデザイン性に優れています。

Excelにデータを差し込み印刷する機能やExcelファイルに出力する機能があるので、Excel側でデータを加工する事も可能です。

操作

エクセルカードHARIはボタン操作です。

ただし、Excelにはもともと多数の機能がございますので、それらの機能を使う場合には、理解して使用する必要があります。

※Excelでデータ管理する場合の問題点

Excel操作になれていない場合、様々な問題が発生する恐れがございます。

例)リンク設定(どのセルと繋がっているかが整理できない)、フィルタ設定(フィルタ範囲の問題)、並び替え設定(音読み訓読みフリガナの問題)、計算式設定(どのセルに関数が設定されているか)、データレコードの管理(理解して整理するべき)

 

Excelは表計算ソフトであり、Accessはデータベース管理専用ソフトであることを理解していない場合は、カードボックスBARIをおすすめ致します。

操作

ボタン操作です。

ExcelやAccessの知識に関係なく操作できます。

データの場所

運用PC 共有フォルダ(NAS等) DropBoxやOneDrive

データの場所

ローカル(運用PC) 共有フォルダ(NASやサーバー等) クラウド(Microsoft Azure Cloud SQL Database)

同時編集

不可(時間差編集はできますが、同時編集はできません。DropBox等を利用した場合も同じです。)

同時編集