Ganso-クラウドデータベース β版

>

クラウドデータベースGANSOとは

シンプルなデータ管理ソフトです。

項目を自由に設定でき、簡単にデータベースを構築します。

まずは、WEB版からお試しください。

ダウンロード不要で、無料でご利用頂けます。

デスクトップ版では、機能アップします。

同じアカウントでログインすれば、データを共有できます。

データベースソフトAccessを利用して作られているので、各業種、業務に合わせてカスタマイズする応用力があります。

また、Excelを使い慣れたユーザーは、Excelと連携した機能を使うことでデータの活用ができます。

Excelの機能を使えば、データの活用、機能の応用が広がります。

※システム部門・セキュリティ部門の方へ・・・Azureを個別にご契約頂いている場合には、ご指定のアカウントにデータベースを設置致します。

データ共有

アカウントを作るだけでかんたんにデータを共有できます。

Excelと連携

蓄積されたデータをかんたんにExcelから扱えます。

Excelの操作に慣れたユーザーは、自由にデータを扱えます。

いつもの操作でExcelファイルとして保存できます。
学習コストがかかりません。

Excelで扱ったデータがデータベースに反映されることはありません。
データを共有するユーザーを統率します。

入力フォームのデザイン

Access製品版では、デザインモードでフォームを開き、ドラッグするだけで、ボタンやテキストボックスのレイアウト調整を行えます。

Accessランタイム版では、デザインモードは使えません。アプリは動作します。

権限設定

今後の実装予定。
※この機能は現在開発中です。
管理者、編集者、閲覧者で権限を設定できます。

Accessでクラウド?遠隔地データ共有できるの?

AzureSQLを利用し、データ共有できます。

このアプリでは設定済みです。

弊社に専用データベースの設置をご依頼頂くか、ユーザーが個別に契約したAzureアカウントにデータベースを設置することでセキュリティが高まります。

セキュリティは?

Microsoftのセキュリティに依存しますので安全です。

クラウドにデータを設置することが気になる方は、データベースを自社サーバーに設置します。

社外からデータを閲覧できないデメリットはありますが、操作スピードが向上することが見込めます。

※VPNの場合はその環境に依存します。

Accessを持っていない場合

AccessRuntime版は、無料ダウンロードできます。

※Access製品版を既にインストール済みの方は、Runtimeのダウンロードは不要です。

比較

Salesforce,kintone,クラウドサーカスなどで、データ管理はできたもののどこかで行きづまり、自分で思い通りにできないと思っている方におすすめです。

自分で思い通りにできる範囲が広いのはExcelではないでしょうか。

自分でできない部分を外注など人に頼むことになるとコストがかかります。

そのコストには作業費以外にも仕様を伝えるコストが含まれています。

やろうとしていることを言葉で伝えたり文字に起こして伝えることがロスやコストに繋がることをこれまで何度も実感してきました。

内製システムを作ろうとお考えの方へ

Access製品版を使って、内製システムを作成しようとしている方、トライしたが作成できなかった方、におすすめです。

Gansoは、Accessを使って開発された、基本構造を構築したフレームワークのようなものです。

項目を自由に設定

データを管理する基本項目を自由に設定できます。

項目の変更は、歯車ボタンを押せば、簡単に行えます。

明細管理

ヘッダー部と明細部の項目を分けて管理できます。

・同じ取引先との取引履歴

・同じ顧客の来店履歴

・同じ顧客の購買履歴

など、共通データをヘッダー部項目に設定し、繰り返しデータを明細部項目に設定します。

Excelでデータ管理することに行き詰った多くのケースでは、明細管理を行うことで、わかりやすいデータ管理になり、問題を解消できます。