エクセルツールOTO

>

Excelファイル内の整列データ(構造化データ)をカテゴリーで分け、各カテゴリー毎に1ファイルとして出力する。

エクセルツールOTOとは、Excelファイルにあるデータをカテゴリーごとにファイル分けするツールです。

※vbaで開発されたExcelのマクロ付きファイル、つまりアドインです。

1つのExcelファイルを複数のExcelファイルに分けます。

どのカテゴリーで分けるかは、自由に選択できます。

1行目に項目が並んでいる必要はありません。(先頭行が項目であることは必須ではありません。)

項目行を設定し、どの列のデータでファイル分けするかを選択します。

大量データの中から一部を絞り込み、そのファイルを配布する際などに作業効率化できます。

活用事例01)

ある総務担当者は、各部署から同じフォーマットのExcelファイルを受け取り、それを整理して配布する作業をするのに数時間~数日かかっており、残業続きで頭を悩ませていました。

そんな時、Googleで検索したまたま見つけた「エクセルツールOTO」をダウンロードし、使ってみることにしました。

複数あるExcelファイルをコピペなどで整理し、このソフトに取り込むとクリック操作だけであっという間に全データをファイルごとに分けることができました。その時間わずか数分。あとは、いつものように配布。

これまで手作業で数時間かかっていた作業が数分でできるようになり、余った時間で別の仕事に取り掛かるなり帰宅するなり自由な時間を確保できるようになりました。

めでたしめでたし。

※エクセルツールOTOは、フリー版で動作チェックを行えます。