カードボックスBARIはAccessのフレームワークです。

>

Microsoft Accessは、データベース管理専用のソフトウェアです。日本のデーターベース部門ではNo.1のシェアを誇ります。※BCNアワード参照

Accessを使って開発しようと思った時、一から勉強し始めるのは大変ではありませんか。

また、Accessの知識やVisualBasicの知識をお持ちの開発者の方でも、一から作り始めるのは大変ではありませんか。

カードボックスBARIは、そんな悩みを解決します。

Accessでデータ管理システムを作る上での基本構造を既に作り上げているフレームワークです。

 

◆◆

よくこんな疑問が上がります。

「それって、Excelでもできるのでは?」

結論から申し上げますと、Excelでできる場合もあります。(管理する内容によります。)

ただし、Excelはいろんなことができるソフトウェアなので、データベース管理に関してAccessと比較するとAccessの方が優れています。

また、複数のユーザーで使用する場合、Excelでは様々な問題が発生するケースがあります。

例えば、フィルタ処理・並び替え処理・関数設定などです。

ユーザー全員がExcelの事を深く理解していたり、データ整理を行う上で慎重な操作を行うユーザーであれば問題ありませんが、各ユーザーごとにExcelに対する知識に差があり、いちいち質問や修正(セルの設定や範囲の設定などの修正)が発生するようでは、作業効率は下がってしまいます。

本来、ソフトウェアは作業効率を上げる目的で使われるべきものであるのに、これでは元も子もありません。

ですから、Excelの知識がなかったり、複数のユーザーで利用する場合は、(複数の場合Excelの知識に差があるでしょう。また、排他制御を考慮しても。)Accessで作業効率化を図ることをおすすめします。

カードボックスBARIは、Accessで業務効率化システムを構築する作業を大幅に短縮してくれるでしょう。

 

もちろん、Excelを否定しているわけではございません。

それでもExcelで管理したい場合は、エクセルカードHARIをお試しください。こちらもデータ整理についてはおすすめです。

Excelは、罫線入りの印刷物を作成する点ではAccessより優れていますからね。

それに環境設定で比較すればその差は歴然です。この記事を読んでいる方は、既にExcelがPCにインストールされている場合が多いでしょう。

ただし、カードボックスBARIには、データをExcelに差し込む機能やそれに似た機能も豊富です。

また、Accessの環境はRuntime版であれば無料で構築できます。

状況に合わせてご選択ください。

By